本文へ移動

大正園ブログ

ブログ

☆クリスマスイブ☆ 来園!! 「夢楽らいぶ」一座様による、クリスマスライブショー♪♪♪

2019-12-26
 
 
 
 
令和元年12月24日(火)大正デイ・サービスにおきまして
 
 
 
「夢楽らいぶ」一座様をスペシャルゲストとしてお招きし、クリスマスにふさわしいライブショーを開催して頂きました(^_-)-☆
 
 
 
それではここで、「夢楽らいぶ」一座様の紹介を致します!!
 
 
 
「夢楽らいぶ」一座様とは・・・!!
 
 
大阪の大東市を拠点に活動する異色の“ギター弾き語り”グループ。2002年7月24日の結成以来、近畿2府4県のあらゆる老人ホーム、福祉施設、作業所、病院、学校、ホテル、地域のお祭りなどで、ボランティアの慰問ライブを行っておられ、その数なんと、12年で2,500公演!年間200公演をずっと続けてこられたことになります。メンバーは、リーダー・座長の山野具則様(ヴォーカル、ギター)、植村亮介様(コーラス、ギター)、うちだ みつる様(コーラス、リードギター)そして、内田亘様で構成されており大正園での7月、12月の行事には毎年来てくださっております。「夢楽らいぶ」一座様の大きな特徴は、すべて自分たちで作詞・作曲したオリジナルソングをレパートリーとする、本格派のギター弾き語りバンドでありながら、ライブは一貫してボランティアで行うというスタイルを、ずっと貫いておられます。
 
 
 
 
また!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんと現在の公演回数は3700回に達成!!!!
 
 
 
 
前人未踏の偉業でございます(^^♪
 
 
 
 
また、京都の施設や作業所からのオファーがあり、この度、京都11区全て回られたとのことです!!
 
 
 
 
本当にすごいグループの方たちなのです(*^▽^*)
 
 
 
 
それでは!!
 
 
 
 
クリスマスライブショーのコンサートの様子ですが、ライブパフォーマンスが最高で
 
 
 
 
利用者様はノリノリでした(笑)
 
 
 
 
まずは「夢楽らいぶ」一座様からのオリジナルソングからはじまり
 
 
 
 
クリスマスということで『ジングルベル』などのクリスマスソングを一緒に歌いました!!
 
 
 
利用者様は手を叩きながら笑顔で口ずさんでおられる方が多数おられました☆
 
 
 
また「夢楽らいぶ」一座様と利用者様、職員が一体となるライブパフォーマンスは大変盛り上がり
 
 
 
皆で手を挙げ、音楽にのせて「シュー」とかけ声を出しながら、手を降ろすのですが
 
 
 
利用者様は本当に場の雰囲気を楽しんでおられました!!
 
 
 
そして!!
 
 
 
最後は「笑顔の輪」!!
 
 
 
 
手を上に輪を皆で作りながら、合唱致しました!!
 
 
 
 
会場は大変な熱気に包まれたままライブは終了させて頂くことができました!!
 
 
 
 
ライブ終了後、利用者様は「よかったよ~。こころからありがとう~。楽しかった~」とライブ会場や帰りの送迎の中で話されている方が多数いらっしゃいました(^_-)-☆
 
 
 
 
「夢楽らいぶ」一座様、この度はお忙しい中、ご来園下さりありがとうございました!!
 
 
 
 
これからも、たくさんの方へ「笑顔の輪」を届けれるよう頑張って下さい!!
 
 
 
 
来年のコンサートも職員一同、心待ちにしております~(*^▽^*)
 
広報委員 山野
TOPへ戻る