本文へ移動

介護職員等特定処遇改善加算

介護職員等特定処遇改善加算の算定要件

算定要件とは

介護職員等特定処遇改善加算を受けるためには、下記要件を満たしている必要があります。
①現行の処遇改善加算Ⅰ~Ⅲを算定していること
②職場環境要件について、「資質の向上」「労働環境・処遇の改善」「その他」の区分で、
 それぞれ1つ以上取り組んでいること
③賃上げ以外の処遇改善の取組みの見える化を行っていること

見える化要件とは

介護職員等特定処遇改善加算を受けるためには、事業所のホームページを活用する等、外部から見える形で公表することが必要です。泉尾特別養護老人ホーム大正園では、「資質の向上」「労働処遇・処遇改善」「その他」を下記内容で取り組んでおります。

職場環境要件の提示について

職場環境要件項目
当園としての取組み
資質の向上
働きながら介護福祉士取得を目指す者に対する実務研修受講支援や、より専門性の高い介護技術を習得しようとする者に対する喀痰吸引、認知症ケア、サービス提供責任者研修、中堅職員に対するマネジメント研修の受講支援(研修受講時の他の介護職員の負担を軽減するための代替職員確保を含む)
資格支援を導入し、研修費等の補助を行うことにより、専門性の高い介護技術の習得を支援しています。
労働環境
処遇の改善
介護職員の腰痛対策を含む負担軽減のための介護ロボットやリフト等の介護機器等導入
特浴、電動ベッドを導入し、介護職員の腰痛対策を行っています。
その他
障害を有する者でも働きやすい職場環境構築や勤務シフト配慮
無理のない業務及び勤務シフトを調整することで、働きやすい環境整備を行っています。
TOPへ戻る